水素で正常な血圧値を維持〜高血圧対策〜

水素

今、日本国内では高血圧患者が増えています。
高血圧は生活習慣病の一つで、増加傾向にあることから国民病とまで言われています。
血圧が高い状態が続き、そのまま放置していると高血圧の症状にとどまらず、他の病気を引き起こす恐れがあります。
危険な病気では、たとえば脳梗塞や心筋梗塞のリスクも上昇してしまいます。

水素

実は、この高血圧も活性酸素と関係しています。
体内で余計な活性酸素が発生してしまうと、血液中の悪玉コレステロールが酸化します。
すると、悪玉コレステロールは別の物質に変化し、それを免疫システムのマクロファージが異物とみなします。この異物によってマクロファージは脂肪を多く含み、さらに変化して血管の内壁に沈着し、血管は狭くなります。
幅の広い血管と狭い血管では、簡単に予想できますが、血液の流れ方に違いが出ます。
細い血管では上手く血液が流れなくなり、圧迫がかかりすぎて高血圧になってしまいます。

水素

このように活性酸素は高血圧の間接的な原因要素の一つになっています。
ですので、活性酸素を取り除くことは高血圧対策にもなります。
正常な血圧値が維持できると生活習慣病や、時に生命に関わる病気のリスクも軽減し、健康的な日々を遅れるようになります。

水素

水素は余計な活性酸素を排出する働きがあり、血管のサビつきも防げます。
健康な血管や血液を維持できるので、血圧値も異常値にまで上がることなく正常値を維持することにつながります。