水素で痛風対策〜尿酸値を下げる〜

水素

痛風のツライ症状に悩んでいる方、プリン体や尿酸値が気になる方にも注目してほしいのが水素の働きです。
一昔前まで痛風は贅沢病とも呼ばれていましたが、現在、不規則な生活によって痛風になりやすい傾向にあります。
たとえば、飲み過ぎや食べ過ぎが関係していますし、ストレスや遺伝性もあります。

 

水素

痛風は血液中の尿酸が増加したときに起こります。余計な尿酸が関節付近に付着して結晶化するため、関節あたりに激しい痛みが起こります。
これを放置していると臓器にまで影響がおよび、病気は重篤化していきます。

 

 

水素

とくに中高年の方に多いとされていますが、現代では20代〜30代の若い方でも痛風になることがあります。

 

痛風予備軍に該当する人が増えていて、その数を含めると国内で500万人もいるとされています。

 

 

水素

事前に対策することも大切ですし、もしも健康診断で尿酸値が高めなら、今が予防を始めるタイミングです。
水素の痛風への効果については、研究や実験が行われています。
実際に行われた実験データによると、水素を摂取したあとの尿酸値が下がったという結果が出ています。
お酒を飲むと尿酸値が上がりますが、その反対に水素は尿酸値を下げてくれます。

水素

 

痛風が起こる根本的な原因に水素が役立つので、対策成分として注目です。しかも悪玉活性酸素などを取り除いたり、他の生活病対策にも期待できるのできっと摂っておいて損はないはずです。