水素で糖尿病を防ぐ〜インスリン分泌をサポート〜

水素

高血圧と同じように、糖尿病も日本で問題になっている生活習慣病の一つです。
厄介なことに糖尿病に罹ると、現在の医学では治ることがなく、療養生活が続くことになります。
しかも合併症の恐れがあります。糖尿病そのものが危険な病気ですが、腎臓など他の臓器や組織にも影響し、合併症を起こしてしまうのが一番怖いところです。

水素

本題に戻りますが、糖尿病も高血圧と同様に活性酸素が関係する病気です。
諸々省略していうと、体内の余計な活性酸素が発生したときに、血糖値が上がり糖尿病を引き起こします。

 

 

 

水素

具体的には、活性酸素が細胞を傷つけますが、ブドウ糖からエネルギーを作り出すためのミトコンドリアにまで影響をもたらし、エネルギーが使われなくなることで糖があまり、血糖値が上昇します。
さらにすい臓にまで活性酸素はダメージを与えます。すい臓は上昇した血糖値を下げるために必要なホルモンのインスリン分泌を司る臓器です。
こういった関係から、活性酸素は糖尿病を引き起こす原因要素の一つと言えます。

水素

また、余計なブドウ糖が蓄積されると活性酸素がさらに増えるという悪循環になってしまいます。

 

このように活性酸素が糖尿病と関係しているので、活性酸素を除去する力に優れた水素は、糖尿病対策に役立ちます。

 

 

水素

まだ糖尿病になっていなくても血糖値が高めの方は、糖尿病予備軍に該当します。予備軍こそ増えている傾向にあるので、他人事とは考えずに積極的に対策に取り組みましょう。